これから病気にならないようにする

この記事をシェアする

自分の持っているリスク

健康診断の結果を見れば、病気になりやすいか分かります。
様々な値がありますが、平均値を超えている場合は気をつけてください。
値が高い状態をずっと放置していると、病気になってしまいます。
健康診断を受けて、病気が見つからなかったから良いと終わりにしないでください。
結果を見ても自分が病気になるリスクをどれだけ持っているのか知ることが重要です。

注意した方が良い値だったら、生活をかえてください。
努力することで、健康状態をよくできます。
来年の健康診断では、値が下がって平均値になっているかもしれません。
病気を予防するために、健康診断を受けるのも良い方法です。
改善した方が良い部分を、具体的に医師へ聞いてください。

運動や食事で健康になろう

アルコールの摂取量が多い人は、肝臓の部分で異常が見られます。
このままアルコールを摂取していると、病気になってしまうと医師から言われるかもしれません。
健康診断を機会に、アルコールの摂取を控えてください。
さすがに禁酒するのは難しいと思うので、摂取量を減らすのが良い方法です。
アルコールの摂取量を減らすだけでも、来年の健康診断の結果が変わります。

また肥満体型だと、診断結果が出る人が見られます。
肥満は、生活習慣病の大きな原因になります。
改善しなければいけないので、運動を取り入れてください。
身体を動かすことが、肥満の改善に繋がります。
本気で病気の対策をしたいなら、これまでの生活を変えることを意識してください。